風林花山Ⅱ

2020 / 02
01≪ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 ≫03

ドンキエル・ドンキエル割り出し

2018/07/01(Sun) 22:47




前回の記事では昨年8月に羽化した♀がチビチビ後食を始めてしまって

累代が難しいという内容でしたが

冬の間はなんとなく休眠してくれたようです。


♂(昨年10月中旬羽化)も春に活動を始めたので

4月中旬に産卵セットを組みました。

5月中旬頃に試し割り出しをしてみましたが

卵は全てしぼんでいました。


とりあえず再ペアリングと再セットを行い

♀はすんなり穿孔していましたので

昨日割り出しを行いました。


産卵の特徴としてはタラレギやオウゴンオニと全く同じですね。

産卵後はメソトプス系と同様に材の中に留まっていました。




IMG_0299-wb.jpg



卵数個を採卵の後、幼虫が姿を現し、ホッとしたところです。




IMG_0300-wb.jpg


結果は幼虫6、卵6でした。

卵の状態も悪くないので孵化できる個体もいると思います。

先代(WF2)は幼虫が2頭しか育たず心配しましたが

運よく♂♀に分かれ、活動のズレからブリードが心配されましたが

無事にブリードもでき奇跡的に次世代に繋がった感じです。

2度目のセットで♀もかなり消耗しているかと思いきや

フセツ欠けもなく元気です。

反対に♂はフセツ欠けが目立ちます。


もう一度♀はセットしてみようと思いますが

初回に余分な消耗をさせてしまったので微妙なところでしょうか。








ドンキエルコクワ原名亜種 コメント:4 トラックバック:-

ドンキエル原名亜種 羽化

2017/11/17(Fri) 23:13



累代の危機(3)のドンキエルコクワガタ

前々回に♀の羽化を報告、前回は♂の蛹化を報告していました。





Dorcus donkieri donkieri アルナーチャルプラディーシュ

・・・エル子

(たまには♀もアップでw)




そして10月中旬に♂も無事に羽化しました。




Dorcus donkieri donkieri アルナーチャルプラディーシュ


ドンキエル原名亜種 ♂ 67.5mm WF2









Dorcus donkieri donkieri アルナーチャルプラディーシュ


今回、このペアしかいません。

採卵は10個くらいとれたのですが、この2頭しか孵化しませんでした。

そして問題が・・・。









Dorcus donkieri donkieri アルナーチャルプラディーシュ


なかなか良い形ですね~。

問題は、♀が後食をしているということ。

そんなにガツガツは食べていないのですが、

♂に先駆け2ヶ月早い8月20日に羽化しています。

♂はこのまま休眠に入ると思われますが、

♀がこのまま休眠しないとすると良くないですね。

ドルクスなのでそれほど短命ではないはずですが、

♂がこのまま10か月ほど成熟期を必要とし、♀が休眠しなかったら

どうでしょうね?





Dorcus donkieri donkieri アルナーチャルプラディーシュ


♀をもっと低温に持っていきたいのですが、我が家は高気密で温度の極端に低い場所がないのです。

屋外の倉庫ではちょっと寒すぎるのと温度変化が激し過ぎるので×

床下収納があれば一番良いのですが・・・。

どこかで♂単見つけないとダメかもしれないですね^^;
















ドンキエルコクワ原名亜種 コメント:6 トラックバック:-

台風一過~まずは一安心

2017/09/18(Mon) 22:17




台風は夜中に通り過ぎ~?

通りましたか?


山梨県は盆地で山に囲まれているため

台風が来てもいつも風もほとんど吹かず

雨もシトシト降るくらいの事が多いです。


今回も夜中に雨風の音で起きる事もありませんでした。


今日は朝から思い切り快晴で気温もかなり上がりましたね。


朝、あまり気温が上がらないうちに~と、お散歩に行ってきました。



あれちん


スッキリ晴れたのでお散歩もご機嫌。

朝4時間、夕方2時間の計6時間のお散歩・・・。

にも関わらず家で物足りなそうな顔のアレちゃん^^;

まぁ、お散歩と言っても公園の木陰でのんびりしてる時間が長いのですけどね。




久しぶりにカメラを持ち出したのでついでにヒガンバナも撮影してきました。




ヒガンバナ





おかしな迷信を聞くこともあるヒガンバナですが

丈夫で美しく楽しませてくれてます。

毒はありますが、毒のある植物は他にもたくさん身近にありますし関係ありませんね。




さてドンキエルですが、

幼虫が2頭しか得られなかったためピンチでしたが

先日紹介しました♂と思われる幼虫が蛹化し

♂であることが確認できました。


ファイル_000 (40)-wb


後ろを向いているのでわかりづらいですが♂です・・・。

♀は羽化してすでにひと月ほど経過していますが

ドルクス系ですので問題ないと思われます。

あとはこの♂が無事に羽化できれば累代の可能性がぐっと高くなります。







ヒガンバナ












にほんブログ村 その他ペットブログ クワガタへ
にほんブログ村









ドンキエルコクワ原名亜種 コメント:6 トラックバック:-

累代の危機(3) ドンキエル・ドンキエル

2017/08/27(Sun) 20:09




ドンキエル・ドンキエルはアルナーチャル産ペアの入手しまして

採卵は十数個できたのですが無事孵化したのは2頭のみ。

採卵せずに放置しておけば良かった感じです。



この2頭がペアでなければレアな産地でもあり、終了となりすが

どうやらペアとなってくれたようで、先日♀が羽化しました。



ドンキエル原名亜種♀


良く見えないと思いますが、記事的には関係ないですね。

そして♂ですが・・・。



ファイル_000-(38)


多分♂です。

そして、多分蛹室を作っています。


この2頭にかけるしかないのですが・・・。






にほんブログ村 その他ペットブログ クワガタへ
にほんブログ村









ドンキエルコクワ原名亜種 コメント:0 トラックバック:-
 Home 

プロフィール

daichan

Author:daichan

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

ボーリンフタマタクワガタ (6)
ババオウゴンオニ (5)
フォルスターフタマタ原名亜種 (3)
フォルスター・ニシ (5)
スマトラオオヒラタ (4)
ドンミヤマ (3)
ドンキエルコクワ原名亜種 (4)
ヘルマンミヤマ (5)
ミラビリスノコギリクワガタ (1)
ムニスゼッチフタマタクワガタ (5)
ユダイクスミヤマ (1)
レギウスオオツヤクワガタ (6)
ハスタートノコギリクワガタ (1)
インドアンタエウス (2)
ローゼンベルグオウゴンオニ (3)
クルビデンスssp. (1)
スぺキオススシカクワガタ (4)
メタリフェルホソアカクワガタ ペレン産 (1)
ファブリースノコギリ タカクワイ (4)
アローコクワガタ リエン (3)
メリーメンガタ (1)
オーベルチュールクロツヤシカ (1)
リュウキュウコクワ (2)
国産ミヤマクワガタ (2)
国産オオクワガタ 韮崎産 (3)
トカラノコギリクワガタ (1)
未分類 (4)
アレックス (4)
花 (9)
タランドゥスオオツヤクワガタ (1)
ウォレスノコギリクワガタ (1)
インペラトールホソアカ (1)
スぺキオススホソアカ (3)
マンディブラリスフタマタクワガタ (1)
スヤトリアータツクワガタ (1)
ネパレンシス (1)
カブトムシ (1)
フォルスターキヨタミ (1)
ディディエールシカクワガタ (1)
エラフスミヤマ (1)
テルシテスヒメゾウカブト (1)
ウエストウッディ原名亜種 (1)

最新コメント

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク